国際ファクタリングについて

国際ファクタリングの概要

国際ファクタリングは、輸出取引において代金の回収を確実にするために用いる金融取引です。

  1. 輸出代金を回収する際には、銀行の「取引不能信用状」は「保証状」を入手し、輸出国における「輸出貿易保険」など利用する事が一般的です。
    しかし追加費用の発生や手続きの煩雑さや輸入国の制度により信用状の発行が難しい場合もありますので、輸入業者の信用リスクを回避した上で商談を実現させる場合はファクタリングという民間機関の機能を利用する方法があります。例として、輸出代金を船積後30日後に送金するという決済条件の提示がある場合、その輸出債権についてファクタリング会社から100%の支払い保証を取得し、輸出契約に結び付ける事が可能です。
  2. 国際ファクタリングは世界各国のファクタリング会社が提携して安全に代金回収及び資金化を手助けする国際的な組織づくりをしています。
  3. ファクタリングでは輸入業者の不払いなど信用事故をカバーし、非常危険事態やマーケットクレームのような係争自由等は担保されません。またファクタリング手数料は輸出業者が負担するのが一般的な原則となっております。

国際ファクタリングの仕組み

日本での国際ファクタリングの一般的な仕組みと業務の流れは以下の通りです。

  1. 輸出業者は日本のファクタリング会社に輸入業者の信用保証の引き受け(与信枠の設定)を依頼します。信用限度額の設定や期間(一般的に180日以内の短期が主体です)などの取り決めも行います。
  2. 日本のファクタリング会社は外国の提携するファクタリング会社に保証引き受けを打診します。
  3. 外国提携ファクタリング会社は輸入業者の信用調査をして受諾通知を行います。
  4. 輸出業者は輸入業者に国際ファクタリングの利用通知を行います。輸入業者の了承を得て売買契約を締結します。
  5. 輸出船積書類は原則として輸入業者に直送してファクタリング会社はその写しを送付します。
  6. 輸入業者は支払期日に外国の提携ファクタリング会社に代金を支払いします。
  7. 外国ファクタリング会社は代金を日本の指定された銀行に送金します。その後輸出業者に代金が支払われます。なお、輸出業者が資金繰りなどの理由で期日前の支払い要請があれば日本ファクタリング会社は支払期日前の手形買い取りや立て替え払いなどを実施する場合もあります。万が一支払期日に代金が不払いとなった場合でも日本のファクタリング会社及び外国のファクタリング会社が連携して支払いが保証します。

国際ファクタリング利用に際しての一般的な費用概算

  1. 信用調査費:1万円程度。調査内容の変更は追加費用が掛かります。
  2. 保証料:インボイス金額に対し1か月あたり0.7%から2%、またはフラットレート(交渉内容によります)が適用され月次ベースで支払うのが一般的です。
  3. その他:通信費など諸経費。

その他では、日本では貿易保険制度(貿易一般保険、輸出手形保険)があります。類似のリスクヘッジ手段として長期決済期間の制限付手形や政治リスクをカバーするフォーフェイティングと呼ばれる国際金融取引もありますので、相手国や金額・保証期間などを考慮して比較しましょう。