融資との違い

ファクタリングは銀行融資などと違って借入金ではございません

ファクタリングではありません

資金調達の方法として、銀行融資だけではありません。自社が保有する売掛債権を上手に活用する方法としてファクタリングがあります。
以下でファクタリングと銀行融資との違いをご紹介しますのでご参考下さい。

入金前払いシステム(ファクタリング)と融資の違い

売掛金を利用して資金を調達する場合、売掛債権を担保にお金を借りる「売掛債権担保融資」と、売掛債権を売却してその代金を得る「ファクタリング」があります。前者は「借りる融資」後者は「売るファクタリング」です。

現在、ノンバンクで行う融資のほとんどが売掛債権担保融資となっております。融資の場合は主として、信用情報、担保評価、返済金額及び期間などを考慮して融資金額が決まります。審査に時間を要することに加え、高額の融資は難航することが必至となります。信用情報機関に信用情報が記録されてしまいます。結果としてその後銀行融資の審査が通りにくくなるなどのデメリットもあります。

一方、ファクタリングの場合は売掛債権を評価し売買致します。売掛債権を最大活用することができます。貸金業務とはちがうので信用情報機関に記録される事はありませんので銀行融資に影響が出ることもございません。

売掛債権担保融資ファクタリング
形式売掛金の担保による金銭の貸借売掛金の売買
金額担保の評価及び会社の
信用力によって変動
(一般的に300万円程度まで)
上限はないが、一般的に
10億円程度まで
手数料 年15%以下
(100万円以上の場合)
買い取り金額の2%~
(3社間の場合)
信用情報について指定信用情報機関の
信用情報に記録される
信用情報に記載される
事はない
リスク売掛先が破綻しても
借入金の返済は必要
売掛先が破綻しても責任
は負わない。売却した
債権の保証は不要
実行期間1週間程度最短1日~

ファクタリングは売掛債権の買戻しは不要

売掛金を担保に資金を借りた場合(売掛担保融資)では、万が一お取引が倒産した場合でも借入金は当然返済する必要があります。しかしファクタリングでは一般的に融資とは違って売掛債権を買い取りすることになるので売掛先が万が一倒産した場合でも売却した売掛債権を買い戻して頂く必要はございません。
買い取り代金として支払いを受けたものをお取引先の倒産によってもう一度返金する必要もございません。売掛先の破綻リスクは保険会社とファクタリング会社が負担しますのでキャッシュフローが改善されると同時に破綻リスクも回避できます。